HOME > 耳より情報 > 熱中症予防のために

耳より情報

熱中症予防のために

熱中症は、高温多湿の環境にいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく、室内で何もしていないときでも発症することがあります。正しい知識を身に付け、熱中症にならないようにしましょう。
環境省のホームページ『熱中症予防情報サイト』に、熱中症の危険度を判断する数値として、暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)の観測値と予想値が掲載されています。
この暑さ指数(WBGT)は、気温と同じ単位(℃)ですが、気温だけではなく、気温・湿度・輻射熱の3つを取り入れた温度の指標で、WBGT 28℃を超えると熱中症にかかりやすくなります。人は、汗が蒸発する際の“気化熱”で体内の熱を逃がし体温調節をしています。気温がそれほど高くなくても、湿度が高い場所では肌表面の汗が蒸発せず、体温が下がりにくいので熱中症になりやすくなります。また湿度が高い時はのどの渇きを感じにくく、脱水になりやすいのです。

熱中症予防のために

暑さを避ける

室内では
  1. エアコンや扇風機で温度湿度を調節する
  2. 遮光カーテン・すだれを利用する
  3. 暑さ指数(WBGT)も参考にする
外出時には
  1. 日傘や帽子を着用する
  2. 日陰を利用したり、こまめに休憩する
  3. 天気の良い日は日中の外出をできるだけ控える
からだの蓄熱を避けるために
  1. 通気性の良い、吸湿性・速乾性のある衣服を着用する
  2. 保冷材や冷たいタオルなどで体を冷やすこまめに水分を補給する
  3. 室内でも、外出時でものどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給する

子どもは、体温調節機能が未発達なうえ、背が小さく大人に比べて1〜3℃ほど高い地面近くにいるため、熱中症になりやすいといわれています。ベビーカーや抱っこひもの背中部分、ヘルメットや帽子の中に入れる保冷材などを活用して暑さ対策をしましょう。
熱中症の症状(めまい、立ちくらみ、手足のしびれ、筋肉のこむら返り、頭痛、吐き気、嘔吐など)があったら、1、涼しい場所へ移動 2、衣服を緩めて、身体を冷やす(特に首の周り、脇の下、足の付け根など) 3、水分補給(水分・塩分、経口補水液等)などの対処をします。
自力で水が飲めない、意識がない場合はすぐに救急車を呼びましょう。
*参考資料 厚生労働省 熱中症予防リーフレット 環境省HP「熱中症予防情報サイト」

【石川医院通信 2019年7月・8月号より】

ページトップへ