HOME > 耳より情報 > 冬に多い感染性胃腸炎

耳より情報

冬場の心筋梗塞予防

日本の三大疾病をご存じですか?三大疾病とは死因の多い順に上から3つのことで、日本では『がん』『心疾患』『脳血管疾患』*1のことです。そして、寒い冬に増えるのが『心疾患』で、特に多いのが「心筋梗塞」です。
心筋梗塞とは、心臓への血流が不足した結果、心臓の細胞が壊死を起こした状態をいいます。生活習慣病の一種であり、動脈硬化を基盤として発症する病気です。心筋梗塞は突然の胸痛から始まることが多いですが、痛みなどの自覚症状が乏しいこともあるため注意が必要です。冬に心筋梗塞が多い理由の一つとして寒冷期の血圧上昇、特に暖かい屋内から特に寒い部屋や屋外に移動する際の血圧の急激な変動があげられます。ヒ−トショックといわれ、心臓の負担を増やし心筋梗塞を起こしやすくなります。
そこで、国立循環器病研究センタ−では「冬場に心筋梗塞を予防するための注意すべき10箇条」*2をまとめ、予防を呼びかけています。

  • 1) 冬場は脱衣室と浴室を暖かくしておく。
  • 2) 風呂の温度は38〜40度と低めに設定。熱い湯(42〜43度)は血圧が高くなり危険です。
  • 3) 入浴時間は短めに。
  • 4) 入浴前後にコップ一杯の水分を補給する。
  • 5) 高齢者や心臓病の方が入浴中は、家族が声を掛けチェック。
  • 6) 入浴前にアルコ−ルは飲まない。
  • 7) 収縮期血圧が180mmHg以上または拡張期血圧が110mmHg以上ある場合は入浴を控える。
  • 8) 早朝起床時はコップ一杯の水を補給する。睡眠時の発汗で血液が濃縮しています。
  • 9) 寒い野外に出るときは、防寒着、マフラ−、帽子、手袋などを着用し、寒さを調整しましょう。
  • 10) タバコを吸う方は禁煙をしましょう。

普段の生活を整え、冬場は特に「ヒ−トショック」に気を付けるようにしましょう。

*1 厚生労働省 平成29年度 人口動態統計「主な死因別死亡数の割合」
*2 国立循環器病研究センタ−「冬の心筋梗塞を防ぐための10箇条」

【石川医院通信 2019年1月・2月号より】

ページトップへ