HOME > 耳より情報 > カフェイン依存症って?

耳より情報

カフェイン依存症って?

ほっと一息、あと一息頑張ろうという時にコーヒーや栄養ドリンクを飲む方も多いのでは?カフェインは中枢神経系を興奮させて眠気を払い集中力を高めるといった効果がありますが、飲みすぎると頭痛、心拍数の増加、不眠、嘔吐下痢などを引き起こします。妊婦の場合には、流産のリスクが高まったり、胎児の発育が阻害されたりする可能性もあります。繰り返しカフェインを摂取していると、体が反応しにくくなりより多くのカフェインを求めるようになります。

カフェインは飲料(緑茶・コーヒー・紅茶・ココア・コーラ・栄養ドリンクなど)やチョコレート、眠気防止用ガム、総合感冒薬などの市販薬にも含まれています。

日本では、20代男性のカフェイン中毒死事故もありました。
取り過ぎは健康被害をもたらすことを忘れずに!

【石川医院通信 2017年11月・12月号より】

ページトップへ