HOME > 耳より情報 > 花粉症と果物アレルギーの関係

耳より情報

花粉症と果物アレルギーの関係

春の訪れとともに、スギ花粉症の方にとってはしばらく辛い症状に悩まされますね。
ところで、花粉症と果物アレルギーには関係がある、といわれているのをご存知ですか?

果物アレルギーには蕁麻疹や咳・消化器症状を伴う「即時型」と、生の果物や野菜を食べたときに、口の中がイガイガしたり、痒くなったり、唇が腫れたりする「口腔アレルギー症候群(OAS)」があります。果物や野菜には花粉症のアレルゲン(アレルギーの原因となるたんぱく質)と似た構造のタンパク質を含むものがあります。

例えば、

ヒノキ科(スギ) ・・・ トマト
カバノキ科(シラカバ・ハンノキ) ・・・ モヤシ・リンゴ・モモ・サクランボ・セロリ・キウイフルーツ・ジャガイモなど
イネ科 ・・・ トマト・スイカ・メロン・オレンジ・キウイフルーツなど
キク科(ヨモギ) ・・・ セロリ・ニンジン・マンゴーなど
   (ブタクサ) ・・・ メロン・スイカ・ズッキーニ・キュウリ・バナナなど

このように花粉症の人が、花粉のアレルゲンに似た構造の果物や野菜を食べると、症状が出る場合があるのです(出ないこともあります)。花粉症でない人でも症状が出ることはあります。また、口腔症状だけでなく、全身のアレルギー症状が出る場合もあります。子どもから大人まで起こりうるので注意が必要です。

食品表示法により、アレルギーの原因となる原材料の表示がされるようになりました。

アレルギーの原因がわかっている場合には、その食品は避けることが基本です。加工品を購入するときには表示の内容をチェックして下さい。また、症状が出たときの食品についてはメモを取っておくと、のちにアレルギーの原因を特定するのに役立ちます。

アレルゲンとなるたんぱく質の多くは熱に弱いので、場合によっては加熱したジャムや缶詰は食べられることもあります。症状の出方やその程度はさまざまですので、気になる方や心配な方は一度医師に相談して下さい。

【石川医院通信 2017年3月・4月号より】

ページトップへ