HOME > 耳より情報 > おねしょ(夜尿症)について

耳より情報

おねしょ(夜尿症)について

今回は、おねしょ(夜尿症)についてのお話しです。幼児期に、夜寝ている間に“おもらし”をすることを「おねしょ」といいます。特に、5歳を過ぎて週に2回以上の頻度で少なくとも3ヵ月以上の期間持続する場合に「夜尿症」といい、6歳児の10〜20%、小学校高学年の子どもさんの約5%にみられ、女児よりも男児に多いです。

夜尿症は多くの場合、夜寝ている間に作られる尿の量が多すぎたり、膀胱が小さすぎたり、あるいはその両方のバランスの偏りで起こります。夜間尿量が多いタイプを「多尿型」、膀胱の容量が小さいタイプを「膀胱型」、両者がかかわるものを「混合型」といいます。親の育て方や子どもの性格の問題ではありません。夜尿症は、寝ている間に膀胱がいっぱいになっても目をさますことができないのです。多くは自然に治っていきますが、病気が原因のときもあります。また、学齢期になると心理面や社会面、生活面に影響を及ぼすこともあります。

まず、日常生活でできる対策は、@無理やり夜中に起こさない(但:アラーム療法は別です)、A夕方からの水分の摂り方に注意、B規則正しい生活のリズム(早寝・早起き)、C寒さ(冷え症)対策、Dおしっこのがまん訓練の5つです。夜尿の記録をノートにしてみるのもよいでしょう。大事なのは、「起こさず」(アラーム療法時を除く)、「焦らず」、「怒らず」の3つです。

それでは、どのような時に医療機関を受診すればよいのでしょうか?
家庭で経過をみていたり、生活習慣を見直したりしても改善しない場合、毎晩夜尿がある場合や心理的に負担になる場合などは、医師に相談してください。その際に、「夜尿日記」を持参すると診断の一助になります。

医療機関では、夜尿症の原因を調べるために必要な検査をする場合があります。

治療方法は、夜尿の頻度や原因によって異なりますが、一般的には「生活の見直し」、「薬物療法」のほか、夜尿があるとブザーが鳴って知らせる「アラーム療法」などがあります。

【石川医院通信 2016年1月・2月号より】

ページトップへ