HOME > 耳より情報 > 適度なお酒

耳より情報

適度なお酒

今回のテーマは『適度なお酒』です。
ほど良いお酒は潤いを与え、ストレス解消やリラックス効果をもたらしてくれます。ただし、飲みすぎはいけません。飲酒量が増えると、がん・高血圧・脳出血・脂質異常症などのリスクが増します。
お酒に対する正しい知識を持ち、節度をもって正しく付き合うことが大切です。

厚生労働省では、“100%のアルコール10gを1ドリンク”として「1日平均、男性2ドリンク以下、女性1ドリンク以下」を適度な酒量の目安にしています。
そして、週に2日は休肝日を設けましょう。

1ドリンク(純アルコール10g)のお酒の目安

ビール・発泡酒(5%)→中ビン1/2本 250ml
日本酒(15%)→0.5合
焼酎(25%)→50ml
酎ハイ(7%)→350ml缶 1/2
ウイスキー・ブランデー(40%)→30ml(シングル1杯)
ワイン(12%)→110ml ワイングラス1杯

年齢や体格、体質などで個人差はありますが、あなたの飲酒量はいかがですか?
1日に平均飲酒量が、男性で4ドリンク以上、女性で2ドリンク以上の人は、減酒にチャレンンジしましょう。

@自分の1日または1週間の飲酒量をチェックしましょう。

A無理せずにできる範囲で減らす目標を決め、周囲に宣言しましょう。

B毎日の飲酒量を記録しましょう。たとえば、禁酒した日は◎、目標以内で抑えた日は○、飲みすぎた日は×とします。

C結果をみて、◎、○が多ければ自分を褒める。×が多ければ反省し再度挑戦してみましょう。人に見てもらうのも効果的です。

適量とはいえ、毎日飲む事は肝臓に負担をかけてしまいます。週に2日は休肝日を設けましょう。しかし、休ませたからといって、他の日に大量飲酒をしてしまっては元のもくあみです。普段から適量の飲酒を心がけましょう。

【石川医院通信 2014年3月・4月号より】

ページトップへ