HOME > 耳より情報 > 赤ちゃんの夏バテ

耳より情報

赤ちゃんの夏バテ

梅雨が明けると暑い夏がやってきます。実は赤ちゃんにも夏バテがあります。少し元気がなかったり、食欲がなくなってきます。原因は睡眠不足、過剰なエアコン、消化機能の低下といわれています。
つい頼ってしまいがちなエアコンですが、赤ちゃんも室内と室外との気温の差がありすぎると体調を崩しますので、外気温との差を5℃以内とし、1時間に1回は空気を入れかえましょう。

【睡眠】

睡眠がとれるようエアコンを使うときは、こまめに温度を調節する。うちわも便利です。

【栄養】

母乳、ミルクは与えましょう。離乳食については消化がよく、喉越しの良いものを選び、不足しがちなビタミン、ミネラルを補給します。リンゴとニンジンのジュース、コトコト煮た野菜スープや食べやすい冷やしうどんなどがおすすめ。
離乳食開始前は水分補給も母乳で十分ですが、たくさん汗をかいた時は赤ちゃんのようすを見て水分を与えてください。また、哺乳ビンの苦手な赤ちゃんにはスプーンを使ってください。なお、赤ちゃんは短時間で身体の状態が変化しますので、少しでも気がかりなら自己判断ですませないで、すぐに受診してください。

【おすすめレシピ】

☆トマトのリゾットそうめん(中期:7・8ヶ月頃〜)☆

<材料>
そうめん(乾麺):10g、白身魚※1(ヒラメ、カレイ、タイなど):10g、トマト中:1/6ケ、野菜スープ:大さじ2〜3、粉チーズ:少量(風味づけ)

  1. そうめんを茹でて、細かくほぐす。
  2. 白身魚を茹でて、ほぐす。
  3. トマトは皮を湯むきし※2、種を除いてからみじん切りにする。
  4. 小鍋で野菜スープを煮たてた後、1、2、3を加えてひと煮たちする。
  5. 器に盛ってから、風味づけに粉チーズをかける。

※1 白身魚は刺身の残りを利用すると便利。10gは刺身1切れ分です。

※2 トマトは加熱すると甘みが増しておいしく食べられます。

【石川医院通信 2013年5月・6月号より】

ページトップへ