耳より情報


■熱中症

『熱中症』は、高温多湿の環境に長くいることで起こってくる体調不良の総称です。熱中症の症状は多様で、めまい、立ちくらみ、筋肉痛、汗がとまらないといった日常的に経験するような軽いものから、意識消失、けいれんなどの重いものまであります。熱中症は外で活動する時間が長い人だけでなく、高齢者と体温調節機能が十分発達していない乳幼児は、屋内でも熱中症を起こすことがあります。

*スポーツ活動中の熱中症予防5か条 
① 暑いとき、無理な運動は事故のもと
② 急な暑さに要注意
③ 失われる水と塩分を取り戻そう
④ 薄着スタイルでさわやかに
⑤ 体調不良は事故のもと

*熱中症予防の具体策
① 頭・頸部が直接日光に当たらないように帽子をかぶる
② 直射日光に当たる時間を短縮する
③ 事前に十分に水分をとる
④ 高温・多湿下で労働やスポーツをする場合水分とともに塩分を十分にとる
⑤ 各個人にあったトレーニング計画を立てる
⑥ 乳幼児や心疾患を有する高齢者、薬剤服用 中の人は温熱ストレスに弱いので注意する

次へ→

←トップへ戻る
石川医院
〒174-0071
東京都板橋区常盤台1-61-3
TEL:03-3960-3940
(c)Ishikawa iin.