HOME > 石川医院通信より

石川医院通信より

院長から

image新型コロナウイルス感染症は、6月中旬現在で日本から消えていなことから、なんとなく落ち着かない毎日になっています。
石川医院では、日常の診療をこれまでと少し変えました。


  • @ 熱のある患者さまは、事前に電話連絡をいただいてから受診していただいています
  • A 院内に手指消毒をおくなど、患者さまにもご利用いただけるようにしてあります
  • B 待合室などの天窓や窓を開けて換気に努めています
  • C 診察台・心電図台などには不織布を敷いて、使うたびに交換しています

そして本年の区民健診や各種予防接種(冬季のインフルエンザ予防接種を含む)も予約で承ります。例年とは異なりますので、ご注意ください。ご不明点は、職員にお尋ねください。
3歳以上の方は、
できるだけマスク着用で受診いただければ幸いです。皆さまにご不便をおかけしますが、ご容赦ください。
また、お気づきの点は遠慮なく職員にお申し出ください。

【石川医院通信 2020年7月・8月号より】

バックナンバー


受付・事務から

新型コロナウィルス感染拡大により、以下の健診(検診)は、8月17日から実施となりました。*今年度は予約制となりました。
(区民一般健診、国保特定健診、後期高齢者医療健診、大腸がん検診、肝炎ウィルス検診、前立腺がん検診、胃がんリスク検診)
*骨粗しょう症検診は8月1日から実施です。
詳細は受付にお尋ねください。

新型コロナウィルスが心配で、乳幼児健診の受診を控えていた方は、期限が過ぎている場合でも、受診していただける場合があります。詳細は受付けにお尋ねください。

5月から、毎週水曜日の一般診療は16時からとなります。

風しんの第5期の定期接種の期間が延長されました。
昭和37年4月2日から昭和47年4月1日までに生まれた男性の方にクーポンが送付されます。
2019年に送付されたクーポンも、引き続き2020年度も使えます。詳細は保健所、または受付までお尋ねください。

予防接種は、必ず当日お電話の上ご来院ください。
*10月1日実施分からは事前予約制となります。
完全予約制のもの(BCG)
や、通常は在庫が無く、申し込み制(ワクチン取寄せ)のものがあります。詳細は受付にお尋ねください。

これまでの乳幼児健診に加えて、4か月児健康診査も当院で実施することになりました。毎週水曜日14時30分からです。(予約制、電話予約可)

発疹がある場合や、おたふくかぜなどの感染が疑われる場合は、受付にお申し出ください。

住所・電話番号に変更があったときは受付にお申し出ください。

月初め受診時には、保険証、医療証をご持参ください。お忘れの場合は、全額自己負担でお支払いいただく場合があります。保険証確認後、ご精算させていただきます。詳しくは、受付にお尋ねください。

70歳〜74歳の方が受診の際は、保険証と高齢者受給者証を一緒に見せてください。一部負担割合の確認のために必要です。

ベビーカーで来院される場合は、玄関の外に置いていただきますよう、お願いいたします。

靴・傘の取り違えが増えています。当院は責任を負いかねますので、ご自身での管理をお願いいたします。

令和2年度板橋区風疹対策事業(抗体検査+予防接種)が4月から始まっています。詳細は保健所、または受付までお尋ねください。

4月より高齢者用肺炎球菌予防接種が始まっています。(2020年4月1日〜2021年3月31日)
※予防接種問合せ先:板橋区予防対策課 予防接種グループ TEL03-3579-2321

令和2年4月の保険点数改定に伴い一部負担金が変更になる場合があります。
また保険点数改定に伴い一部負担金0(ゼロ)円の方にも領収書、明細書の発行が義務付けられました。ご不要の方は、発行しませんので、受付にお申し出ください。

登園許可証・治癒証明書・診断書等の書類をご希望される時は、あらかじめお名前を記入の上、受付にお出しください。

病状により、診察の順番が変わることがあります。

処方箋の有効期間は、交付日を含め4日以内です。ご注意ください。

板橋区共通商品券取り扱いについての御注意
板橋区共通商品券を、2009年6月1日から取り扱っております。負担金が必要な診療や、自費の予防接種などにご利用ください。
なお、お手もちの商品券につきましては、有効期限をご確認ください。有効期限を過ぎているものは、窓口でご利用をお断りさせていただきますので、ご注意ください。

看護師から

新型「コロナウィルス感染症の出現に伴い、今年の夏はこれまでと異なる生活状況下で迎えることとなり、例年以上に熱中症に気をつけなければなりません。新型コロナウィルス専門家会議において示された感染予防の3つ基本である@身体的距離の確保、Aマスクの着用、B手洗いや、「3密(密集、密接、密閉)」を避けるなどの『新しい生活様式』を取り入れた熱中症予防行動が必要です。

>>詳しく見る(耳より情報へ)

【石川医院通信 2020年5月・6月号より】

ページトップへ