HOME > 石川医院通信より

石川医院通信より

院長から

image7月になると、夏本番で熱くなるのではないか・・と心配しています。
熱中症にならないよう、気をつけてください。今年は、6月にそれほど暑くなかったので、暑さに慣れていない人が多いと思います。気温が高い時間帯には、できれば外出を控えてください。温度計をみながら、こまめにエアコンの温度調整をするのがよいでしょう。脱水にならないよう、水分を積極的にとりましょう。

話は変わりますが、今、南半球でインフルエンザが猛威を振るっています。
このことと、直近の2年間、日本国内でインフルエンザの流行がなかったことから、今年の冬はインフルエンザが日本でも大流行するのではないか・・という予測がでています。これに限らず、世界では新たな感染症の流行もみられており、余談を許しません。屋内や交通機関を利用する時や、屋外でも密集している際には、マスクをするなど、引き続き感染症予防にご配慮ください。

*インフルエンザの予防接種は、今のところ10月1日に開始予定です。

バックナンバー


受付・事務から

令和4年度の板橋区民健診(検診)は、11月30日までです。完全予約制です。あらかじめのご予約をお願いいたします。

新型コロナワクチン接種は、接種券が届きましたら予約ができます。完全予約制です。(電話予約可)
予防接種は、全て完全予約制です。
あらかじめ予約をしてください。(*お取寄せになるワクチンもあります。)

傘や靴の取り間違えにご注意ください。当院は責任を負いかねます。

発熱や体調の悪い時、新型コロナウィルス感染症にかかったかもしれないと思うときは、まず電話で問い合わせをお願いします。

院内では、引き続きマスクの着用をお願いいたします。

受診当日に発熱がない場合でも、ご本人や同居のご家族に、受診前数日の間に発熱や喉の痛みなど新型コロナウイルス感染症に似た症状がある場合は、受診前に必ずお電話でご相談いただきますようお願いいたします。
(直接いらしても、すぐに診察することができません。ご了承ください。)

風しんワクチンの第5期定期接種の期間が延長されました。令和元年〜令和3年に発行したクーポンは令和6年2月末まで使用できます。

令和5年3月31日までが有効期限の健診や予防接種
①健康保険組合の特定健診
※各保険組合によって有効期限が異なります。受診券の有効期限をご確認ください。
②麻しん・風しん混合予防接種 2期(小学校就学前の1年間)
③風しん抗体検査及び風しん第5期定期予防接種
④高齢者肺炎球菌予防接種
※予防接種に関する問合せ先:板橋区保健所 予防対策課 03-3579-2321

マイナンバーカードによる保険資格確認、従来通りの保険証のいずれでも受診できます。

4月1日から、まる乳からまる子へ医療証が切り替わる方は、これら医療証を必ずご持参ください。また、月初めは、保険証、医療証を受付にご提示ください。お忘れの場合は、全額自己負担でお支払いいただく場合があります。

4月1日から保険点数改定により、自己負担額が変わる場合があります。

70歳〜74歳の方が受診の際は、保険証と高齢者受給者証を一緒にお持ちください。(一部負担割合の確認のため)

75歳以上の方が受診の際は、後期高齢者医療被保険証をお持ちください。

令和3年5月から、毎週水曜日午後の一般診療は16時からとなりました。

住所・電話番号に変更があったときは受付にお申し出ください。

ベビーカーで来院される場合は、玄関の外に置いていただきますよう、お願いいたします。

登園許可証・治癒証明書・診断書等の書類をご希望される時は、あらかじめお名前を記入の上、受付にお出しください。

処方箋の有効期間は、交付日を含め4日以内です。ご注意ください。

板橋区共通商品券取り扱いについての御注意
板橋区共通商品券を、2009年6月1日から取り扱っております。負担金が必要な診療や、自費の予防接種などにご利用ください。
なお、お手もちの商品券につきましては、有効期限をご確認ください。有効期限を過ぎているものは、窓口でご利用をお断りさせていただきますので、ご注意ください。

看護師から

今回は「香り」と健康についてのお話です。
「香り」(例えば柔軟剤や芳香剤など)は、シーンに合わせて使うことで、気持ちをリラックスさせたり、周囲を心地よくさせる効果があります。しかし、香りの好みは人それぞれ異なるので、自分はよい香りだと思っていても他の人にとっては不快なこともあります。

>>詳しく見る(耳より情報へ)

【石川医院通信 2022年7月・8月号より】

ページトップへ