HOME > 石川医院通信より

石川医院通信より

院長から

image年末年始、皆さま、どのようにお過ごしでしょうか?
毎年のことですが、乾燥が著しくなりました。インフルエンザなどの病気は、乾燥しているときに伝染しやすくなります。「部屋を加湿する」ことは大事です。
部屋に湿ったタオルなどを干すことで、加湿することができます。加湿器を使うときは、加湿器のフィルターなどの掃除をコマメにしてください。

また、寝不足や疲労・ストレスも病気の引き金になります。寝る時間、休憩する時間を作ることで、病気にかかるリスクを少なくできます。無理をしないように、心がけてください。

平成30年が、皆さまにとって良い年でありますようお祈りいたします。

【石川医院通信 2018年1月・2月号より】

バックナンバー


受付・事務から

ひとり親医療証をお持ちの方は、1月1日から医療証が新しくなります。1月になって最初に受診する時は、新しい医療証をご提示ください。

各種予防接種(インフルエンザを含む)ご希望の方は、当日電話でご連絡の上ご来院ください。予防接種の受付は、午前は12時まで、午後は6時30分までとなっております。

平成29年度板橋区風疹対策事業(抗体検査+予防接種)が4月から始まりました。
詳細は板橋区のホームページでも、ご確認いただけます。

予防接種は完全予約制のもの(BCG)や、通常は在庫が無く、申し込み制(ワクチン取寄せ)のものがあります。

保険の種類によって、引き続き行える健診があります。
また、平成29年度骨粗しょう症予防検診は、引き続き平成30年2月28日まで行っております。ご不明な点は、受付までお尋ねください。

平成30年3月31日までが有効期限のもの

  1. 東振協専用健診の受診券をお持ちの方(予約が必要です)。
  2. ②社会保険に加入の方で、受診券をお持ちの方。保険証の種類によって受けられる健診があります(一部負担金をいただく場合があります)。
    ※各保険組合によって有効期限が異なります。受診券の有効期限をご確認ください。
  3. 麻しん・風しん混合予防接種 2期(小学校就学前の1年間)
  4. 高齢者用肺炎球菌予防接種
    ※予防接種問合せ先:板橋区予防対策課 予防接種グループ TEL03-3579-2318

冬は待合室が混み合います。混乱を避けるために、必ず順番表に受診される患者さんのお名前を書き、診察券をお出しください。また外出される方は、外出時と戻られた時に必ず受付にお申し出ください。

登園許可証・治癒証明書・診断書等の書類をご希望される時は、あらかじめお名前を記入の上、受付にお出しください。

毎週水曜日の午後2:30〜3:30は乳幼児健診の時間です。通常の診察は原則として午後3:30からになります。(受付は午後2:30からできます)

処方箋の有効期間は、交付日を含め4日以内です。ご注意ください。

板橋区共通商品券取り扱いについての御注意
板橋区共通商品券を、2009年6月1日から取り扱っております。負担金が必要な診療や、自費の予防接種などにご利用ください。
なお、お手もちの商品券につきましては、有効期限をご確認ください。有効期限を過ぎているものは、窓口でご利用をお断りさせていただきますので、ご注意ください。

お帰りの際、傘や靴など、間違いのないようご注意ください。

月の初めに受診される際には、保険証と医療証をお持ちください。また変更がありましたら、受付にお申し出ください。

負担割合が変更になる場合がありますので、受診の際は70〜74歳の方は、 保険証と受給者証を、75歳以上の方は保険証をお持ちください。

ひどく具合の悪い時には、受付や看護師に早めにお申し出ください。

発疹がある場合や、おたふくかぜの疑いがある時は、受付にお申し出ください。

熱のある方、咳がひどい方はマスクの着用をお願いします。

平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンの予防接種が定期接種になりました。定期接種の対象は、平成28年4月1日以後に生まれた子どもさんです。

住所や電話番号が変わられたときは受付にお申し出ください。

院内での携帯電話の通話は、周りの方の迷惑になりますので、ご遠慮ください。

18歳以上の喘息治療の「大気汚染公費助成制度」の新規認定申請の受付が、平成27年3月31日をもって終了となりました。
問合せ先:予防対策課 公害保健グループ TEL03-3579-2303

病状により、診察の順番が変わることがあります。

看護師から

冬に多い感染性胃腸炎
感染性胃腸炎は1年を通じて発生しますが、冬のピークは12月で、翌年の春先まで流行が続きます。

>>詳しく見る(耳より情報へ)

子どもの事故
乳幼児期の子どもは大人と一緒の環境で過ごしています。しかし、子どもの身体・運動能力は大人と異なるため、身の回りのものが事故の原因となる事があります。

>>詳しく見る(耳より情報へ)

【石川医院通信 2018年1月・2月号より】

ページトップへ