HOME > 石川医院通信より

石川医院通信より

院長から

image最近気づいたことを2つほど・・・

  • ① 骨粗鬆症検診の結果、骨密度が低下している方に、「年をとると骨密度が良くなるなどということはありませんよね?」と尋ねられることがあります。私の回答は、「日常生活の改善でよくなります!」です。私自身、12〜13年ほど前は骨密度が低かったのですが、ランニングを始めて数年で骨密度が上昇し、今では人間ドックの検査担当者がびっくりするほど高くなっています。ちなみに、水泳はメタボ改善の運動としては意味がありますが、水の浮力で骨密度は低下してしまいます。水泳をする人は、一緒に陸トレなどをするようにしてください(運動は、肺活量の上昇にも役立ちます)。
  • ② 「物忘れがひどくなった」、「認知症かしら?」と心配になったら、家に閉じこもらずに、地域のイベントに参加したり、買い物の際の合計金額に暗算にトライしてみてください。刺激が少なくなると認知症は進行します。逆に、仕事をするなど日常活動している方は、いつまでも頭脳明晰です。自分だけでなく、周囲の方にも声をかけてみてください。

【石川医院通信 2017年9月・10月号より】

バックナンバー


受付・事務から

平成29年度の各種健康診査は以下の時期までとなっています。
(原則として電話連絡の上ご来院ください。ご不明な点は、スタッフにお尋ねください。)

  1. ①平成29年10月31日まで
    区民一般健診・板橋区国民健康保険特定健診・後期高齢者健診・大腸がん検診・肝炎検診・前立腺がん検診・胃がんリスク検診の受診券お持ちの方。
  2. 練馬区健康診査:平成29年11月30日まで
  3. ③平成29年10月31日以降も受診できる健診があります。
    受診券で有効期限をご確認ください。
  4. ④平成30年2月28日まで
    骨粗しょう症予防検診の受診券をお持ちの方。
    *問診票に必要事項をもれなくご記入後、お持ちください。

9月、10月は各医療証の更新月、10月は板橋区国民健康保険被保険者証の更新月です(例外あり)。その月の最初に受診する時に医療証や保険証を受付にお出しください。

10月1日からインフルエンザの予防接種が始まります。詳細は受付にお尋ねください。

処方箋の有効期間は、交付日を含め4日以内です。ご注意ください。

予防接種は、当日に電話連絡の上、予診票(子どもさんは母子手帳も必要です)を持ってご来院ください。

予防接種・成人の各種健康診断の受付は、午前は12時まで、午後は18時30分までです。

お帰りの際、傘や靴など、間違いのないようご注意ください。

平成29年度板橋区風疹対策事業(抗体検査+予防接種)が4月から始まりました。
詳細は板橋区のホームページでも、ご確認いただけます。

平成29年度高齢者用肺炎球菌ワクチン定期接種が4月から始まりました。
対象期間は平成29年4月1日から平成30年3月31日までです。

平成30年3月31日までが有効期限のもの

  1. 東振協専用健診の受診券をお持ちの方(予約が必要です)。
  2. ②社会保険に加入の方で、受診券をお持ちの方。保険証の種類によって受けられる健診があります(一部負担金をいただく場合があります)。
    ※各保険組合によって有効期限が異なります。受診券の有効期限をご確認ください。
  3. 麻しん・風しん混合予防接種 2期(小学校就学前の1年間)
  4. 高齢者用肺炎球菌予防接種
    ※予防接種問合せ先:板橋区予防対策課 予防接種グループ TEL03-3579-2318

予防接種は完全予約制のもの(BCG)や、通常は在庫が無く、申し込み制(ワクチン取寄せ)のものがあります。

月の初めに受診される際には、保険証と医療証をお持ちください。また変更がありましたら、受付にお申し出ください。

発疹がある場合や、おたふくかぜの疑いがある時は、受付にお申し出ください。

ひどく具合の悪い時には、受付や看護師に早めにお申し出ください。

熱のある方、咳がひどい方はマスクの着用をお願いします。

登園許可証・治癒証明書・診断書等の書類をご希望される時は、あらかじめお名前を記入の上、受付にお出しください。

毎週水曜日の午後2:30〜3:30は乳幼児健診の時間です。通常の診察は原則として午後3:30からになります。(受付は午後2:30からできます)

平成28年10月1日からB型肝炎ワクチンの予防接種が定期接種になりました。定期接種の対象は、平成28年4月1日以後に生まれた子どもさんです。

負担割合が変更になる場合がありますので、受診の際は70〜74歳の方は、 保険証と受給者証を、75歳以上の方は保険証をお持ちください。

住所や電話番号が変わられたときは受付にお申し出ください。

院内での携帯電話の通話は、周りの方の迷惑になりますので、ご遠慮ください。

18歳以上の喘息治療の「大気汚染公費助成制度」の新規認定申請の受付が、平成27年3月31日をもって終了となりました。
問合せ先:予防対策課 公害保健グループ TEL03-3579-2303

病状により、診察の順番が変わることがあります。

看護師から

帯状疱疹という病気をご存知ですか?水ぶくれを伴う赤い発疹が、帯状にでます。かゆみや強い痛みを伴うことが多く、症状は3〜4週間ほど続きます。強い痛みが残る帯状疱疹後神経痛になる可能性もあります。帯状疱疹は子どもの頃にかかった水痘(水ぼうそう)のウイルスが原因で、加齢や免疫機能の低下で発症しやすくなります。

>>詳しく見る(耳より情報へ)

【石川医院通信 2017年9月・10月号より】

ページトップへ