HOME > 石川医院通信より

石川医院通信より

院長から

image1月下旬から、新型コロナウイルス感染症の情報が日本中を駆け巡っています。SNSが発達して、トイレットペーパー不足に代表されるデマ情報も広まりました。私も、自宅にトイレットペーパーが無くなりそうになりました。結局、店頭に品物が出てくるようになって、買えましたが・・。働いている人は買い物ができる時間にも制約がありますから、困りますよね・・。
今冬は、手洗いうがいを皆さんが徹底したからか、ワクチンが功を奏したからなのか、インフルエンザの流行が例年になく小さかったです。ワクチンによる予防と、日常生活の注意が大事ということを痛感しました。

さて、新型コロナウイルスは、正式名称をSARS-CoV-2というそうです。
COVID19 というのは、Coronavirus Disease 2019 の略とのことでした。
2019年に確認されたコロナウイルスによる病気というような意味でしょうか?

【石川医院通信 2020年5月・6月号より】

バックナンバー


受付・事務から

新型コロナウィルス感染拡大による緊急事態宣言に伴い以下の健診(検診)は延期になりました。(骨粗鬆症検診、区民一般健診、国保特定健診、後期高齢者医療健診、大腸がん検診、肝炎ウィルス検診、前立腺がん検診、胃がんリスク検診)詳細は受付にお尋ねください。

これまでの乳幼児健診に加えて、4か月児健康診査も当院で実施することになりました。毎週水曜日14時30分からです。(予約制、電話予約可)

5月から、毎週水曜日の一般診療は16時からとなります。

風しんの第5期の定期接種の期間が延長されました。昭和41年4月1日から昭和47年4月1日までに生まれた男性の方にクーポンが送付されます。2019年に送付されたクーポンも引き続き2020年度も使えます。詳細は保健所、または受付までお尋ねください。

雨の多い季節に入ります。傘や靴の取り違いにお気を付けください。

発疹がある場合や、おたふくかぜなどの感染が疑われる場合は、受付にお申し出ください。

月初め受診時には、保険証、医療証をご持参ください。お忘れの場合は、全額自己負担でお支払いいただく場合があります。保険証確認後、ご精算させていただきます。詳しくは、受付にお尋ねください。

ベビーカーで来院される場合は、玄関の外に置いていただきますよう、お願いいたします。

靴・傘の取り違えが増えています。当院は責任を負いかねますので、ご自身での管理をお願いいたします。

70歳〜74歳の方が受診の際は、保険証と高齢者受給者証を一緒に見せてください。一部負担割合の確認のために必要です。

各種予防接種(インフルエンザを含む)ご希望の方は、当日電話でご連絡の上ご来院ください。予防接種の受付は午前は12時まで、午後は6時30分までとなっております。
※お子さんの予防接種は、母子手帳で予防接種の間隔を確認の上、お電話お願いします。

令和2年度板橋区風疹対策事業(抗体検査+予防接種)が4月から始まっています。それにともない風しんの第5期の定期接種が新たに始まっています。対象の方は昭和37年4月2日から昭和54年4月1日までに生まれた男性の方です。詳細は保健所、または受付までお尋ねください。

4月より高齢者用肺炎球菌予防接種が始まっています。(2020年4月1日〜2021年3月31日)
※予防接種問合せ先:板橋区予防対策課 予防接種グループ TEL03-3579-2321

住所・電話番号に変更があったときは受付にお申し出ください。

令和2年4月の保険点数改定に伴い一部負担金が変更になる場合があります。
また保険点数改定に伴い一部負担金0(ゼロ)円の方にも領収書、明細書の発行が義務付けられました。ご不要の方は、発行しませんので、受付にお申し出ください。

登園許可証・治癒証明書・診断書等の書類をご希望される時は、あらかじめお名前を記入の上、受付にお出しください。

毎週水曜日の午後2:30〜3:30は乳幼児健診の時間です。通常の診察は原則として午後3:30からになります。(受付は午後2:30からできます)

発疹がある場合や、おたふくかぜの疑いがある時は、受付にお申し出ください。
ひどく具合の悪い時には、受付や看護師に早めにお申し出ください。
また、熱のある方、咳がひどい方はマスクの着用をお願いします。

病状により、診察の順番が変わることがあります。

処方箋の有効期間は、交付日を含め4日以内です。ご注意ください。

板橋区共通商品券取り扱いについての御注意
板橋区共通商品券を、2009年6月1日から取り扱っております。負担金が必要な診療や、自費の予防接種などにご利用ください。
なお、お手もちの商品券につきましては、有効期限をご確認ください。有効期限を過ぎているものは、窓口でご利用をお断りさせていただきますので、ご注意ください。

看護師から

血圧を測定する時に「上が」とか「下が」と表現することがありますね。「上」とはいわゆる収縮期血圧と呼ばれるもので、心臓が全身に血液を送り出す時に心臓が収縮して血管にかかる圧(最高血圧)のことです。

>>詳しく見る(耳より情報へ)

【石川医院通信 2020年5月・6月号より】

ページトップへ